フルフィルメント瞑想のことなら、ミラレパにお任せください。フルフィルメント瞑想伝授を大阪で行っております。全国出張受け付けます。

MILAREPA

MEDITATION SALON

営業時間

午前  9:00~12:00
午後 13:00~21:00

休業日

不定休

お気軽にお問合せください

08047653020

古代インド・ヴェーダの伝統の系譜による伝授

シャンカラについて
シャンカラとはインド哲学のベースとなる不二一元論(アドヴァイタヴェーダンタ)を作った偉大なる賢者です。
沈黙の聖者ラマナマハリシや全ての宗教でどの道を通っても悟りを開ける事を自らの体験で証明したラーマクリシュナなども深く影響を受けたと言われています。
シャンカラは子供の頃からとても聡明な子供でした。
しかし子供の時、通りすがりの賢者に「この子は大賢者になるが早死には免れない」と言われます。
シャンカラは社会の為に尽くそうと決心し遊行僧となり、ゴーウィンダの弟子となります。
そして各地を遊行する中で名のある論敵を次々看破します。そして最終的にはシャンカラの唱える不二一元論はヴェーダンタ学派最大の勢力となるのです。
シャンカラは自分の教えを守るために、インドの東西南北に4つの僧院を建立しました。
代々その僧院の束ねる僧をシャンカラチャリアといいます。
その中でも北の僧院のシャンカラチャリアが一番重要であると言われています。

 

グルデヴァについて
グルデヴァとは、正式にはスワミ・ブラフマナンダ・サラスヴァティと言います。
インドの元大統領で著名な哲学者ラーダクリシュナンがヴェーダンタの化身と証した程の大家でした。
グルデヴァは完全な世俗放棄者であり、人里離れた洞窟で瞑想を五十年も続けていました。
そして、百五十年以上その座を継げる器がある者がおらず、継承者不在であった北のシャンカラ寺院のシャンカラチャリァの座に座る事になります。
そこでのちに全世界にTM瞑想を広める事になる、マハリシマヘーシュヨギが弟子になりにやってくるのです。
マハリシはグルデヴァを一目見た瞬間、足元にひれ伏して教えを請う必要がある人だと感じひたすらグルデヴァにバクティを捧げ続けました。
マハリシ曰く、彼はけして優秀な生徒ではなかったようです。彼を越える高弟は沢山いたのです。
しかしマハリシの真の能力を見抜いたグルデヴァの洞察力は素晴らしいとしかいいようがありません。


 

マハリシマヘーシュヨギについて
マハリシとは偉大なる聖仙という意味です。
マハリシマヘーシュヨギはTM瞑想の創始者です。
マハリシはアラーハーバード大学の物理学科を卒業した後、グルデヴァの弟子となり十三年修行しました。
二年間ヒマラヤにあるウッタルカーシーの聖者の洞窟で隠遁しその後TM瞑想を広めるために世界中を飛び回る事になります。
また神秘的な風貌とあいまって全世界に爆発的にTM瞑想は普及しました。
その中には多数のアーティストや芸能人などが含まれています。
またマハリシはハーバードやUCLAなど多くの研究機関で瞑想の効果を検証し瞑想の客観的な効果を実証しました。
そしてボブフィックスは彼が育てた初期の瞑想教師の一人なのです。

 

ババジについて
ババジとは千年以上生きる、見た目は25歳位の若者に見えるという聖者です。
普段はヒマラヤに住み、地球のアセンションを導いています。
ある周期でこの世界に現れ、変革に必要なテクニックを精神的なリーダーたちに与えるといわれています。
ババジを紹介する有名な本はパラマハンサヨガナンダのあるヨギの自叙伝という本です。
サマディに達する為のクリヤヨガという技法をラヒリマハサヤに授けました。
またボブフィックス氏がフルフィルメント瞑想を創造するのを手伝ったのもババジと言われています。

 

ボブフィックスについて

1946年、アメリカ・ペンシルバニア州生まれ。

マハリシ・マヘーシュ・ヨギ、ババジ、そしてマーリンなどのアセンデッドマスターの系譜を組むボブ・フィックスは、フルフィルメント瞑想、ヨギ的チャネリング、シヴァカブリージング、タイリシヨガ、カルナヨガの創始者であり、タイ仏教のシャーマニック・ヒーリング、観音ヒーリング、ナラシムハ・ヒーリングの指導者です。また、啓発に関する書籍、CD、DVDを出版/制作しています。

ボブ・フィックスの際立った特徴として、彼がこの世の中で生きながら啓発の道を探求し続けることを決意しているということにあります。啓発した人生を送るために、自分自身の人間性と並外れた能力の両方に気付きながら生きるようにと、常に生徒達を鼓舞し続けています。
啓発とは ただ単に “もっと多くの光と美しさで人生を満たしていこと” であると言えます。ボブは私たちに「真理を自分自身で見つけなさい」「人間であるということを失わずに啓発を発達させる方法を学習しなさい」と教えます。

ボブはスピリチュアルな教師として、世界各地において40年以上の経歴を持っており、アメリカと日本で数多くの雑誌やテレビのインタビューに取り上げられてきました。彼は古代のマスター達の教えに関する権威として、広く認知されています。著書は「時を超える聖伝説」「アセンション」三雅刊「フルフィルメント瞑想の基本概念」等10冊以上にのぼり、また、出版と同様に瞑想と啓発に関する多くのCDとDVDも制作しました。

過去40年以上にわたり、ボブは、聖なるマスター達の三つの主要な系譜にある深遠なスピリチュアルな真理に関して、広大な探求をして来ました。彼は、ババジやグルデヴやマハリシ等の偉大なインドのマスター達の教えに人生全てを捧げて来ました。また、タイの偉大な僧侶やシャーマニック・ヒーラーの元で、タイ仏教のヒーリング技術を20年以上勉強てきた実績があります。こういった師に加え、ボブはマーリンをはじめ世界的に有名なアセンデッド・マスター達を25年以上チャネリングして来ました。彼はアメリカと日本におけるニュー・エイジ・ムーブメントの先駆者の一人です。

この19年、ボブはタイのチェンマイに住んでいます。そこで啓発の最高の教えと共に、実社会をいかに生きていくかを学んでいます。彼は、誰でも学べるすばらしい瞑想とヒーリングのプログラムを作り上げました。そして、世界中のより多くの人々がこのプログラムを学べるよう、教師の育成をしています。ボブは、タイ・チェンマイのセンターとインターネット経由でセミナーや個人指導を行っています。

生徒達の並外れた体験は、ボブの指導の深遠さと明晰さの証です。たとえ初心者であっても、瞑想における知覚の並外れた深さを楽しむことができ、日々の生活に実用的に取り入れることができます。多くの生徒が日常生活で啓発の深遠な経験を楽しんでいます。

 

伝統における系譜につらなるという事
インドでは伝統的に、社会放棄をして悟りを目指し修行する者に食べ物や衣服などを施して修行の継続を助けるという文化があります。
インドでは人生の時間の全てを、瞑想や悟り・解脱に費やす。
そのようなライフスタイルが社会に容認されているのです。
しかし残念ながら日本では、社会放棄者を受容する文化はありません。
お遍路さんなどで宿や食事を提供して頂ける位でしょうか。
これらはあくまで限られた期間であり、お遍路さんが終わればまた社会に戻らなければなりません。
日本に住む私たちは何らかの形で社会に属し、生活の糧を得なければならないのです。
年齢を重ねれば重ねる程、社会的な責任が増し、このような精神的な探求に割ける時間や心のゆとりといった物は減るばかりです。
本来であれば、インドに行き自分自身の縁で師匠を見つけてそこで10年15年の時間をかけて修行するしかありません。
しかし私たちに出来る事は社会に属しながら、それから残ったエネルギーと時間でコツコツと修行を続けるしかないのです。
私たちがプージャを受けたその日から空の意識に入れる一番の大きな要因は、時の始まりからいらっしゃる聖なるマスター方、またそれらの伝統を受け継ぐシャンカラ、グルデヴァ、マハリシマヘーシュヨギ、ババジ、ボブフィックス等偉大なマスター達の莫大な気のエネルギーを受け取れるからです。
その事によりマントラとヤントラにエネルギーがチャージされその日から空に入る事が出来るのです。
私達は1日2回朝晩30分の瞑想で社会に俗しながらこのように空の瞑想の恩恵に預かれるのです。
 

☆フルフィルメント瞑想の特徴に関する詳細です。クリックすれば各記事にジャンプします。

マントラとヤントラに関する詳細

フルフィルメント瞑想のシンプルさに関する詳細

空に関する詳細

料金に関する詳細

カルマに関する詳細


 

 

お問合せ・ご予約はこちら

お問合せ・ご予約は、メール、お電話にて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

08047653020

受付時間:9:00~21:00

雑誌「star people」63号に
ミラレパのご紹介をして頂きました。

サイトcocoriaさんにてご紹介して頂いております。

サイトstar people blogさんにてご紹介して頂いております。

1月20日更新しました。

講師プロフィール

フルフィルメント瞑想
公認教師 東元 豪
(とうもと ごう)

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。